初めてのマイカー査定と中古車購入

2016-07-26_133722

大学時代にアルバイトで貯めた貯金を頭金にフォードのエスケープを新車で購入しました。大学四年生の楽しい時間から、就職して配属となった四国での通勤、結婚、出産を経て新しい家族を乗せたドライブなど、8年もの長い期間たくさんの思い出を共にしてきました。

エスケープは壊れるまで乗るつもりでしたが、家族が増え手狭になってきたことと、フォードが日本から撤退するとのことだったため泣く泣く売却をして新たな車を購入することを決めました。

まずは、どれくらいで買い取りしてもらえるか3社ほどに中古車の買取査定をお願いしました。売却の査定では、思ったよりずっと安く、15万ほどしかなりませんでした。下取りにして車を購入する方がやはり金額が出しやすいとの話だったので、購入するクルマ探しを同時に進めることにしました。

妻の実家が近い為、両親を乗せることも多い為、ミニバンで探し始めました。個人的には、前々から三菱のデリカが気になっていた為デリカを中心に探し始めました。ネットで見ていてもイメージが湧かなかったので実際に中古車の店舗へ観に行くとちょうど二台デリカがありました。どちらもかなり状態がよく、担当してくれた営業マンもかなりやる気があった為、値段次第では即決しようと心に決めました。

ちょうど決算時期ともあり店側もかなり値引きしてでも数を出したい雰囲気があったようで、かなり値引きした金額を出してきました。結局、下取りとあわせて60万値引きしてくれたこともありそのまま購入することになりました。

↓無料の車査定はここから!

高速道路を走行している最中の悩みを克服したい

2016-07-26_133331

緑色の標識や頻繁に見かける黄色い車など、高速道路には一般道の運転中にはあまり見られない物が多くあります。この雰囲気が好きなので、週末になると祖父の軽トラックで高速道路を運転します。遠くへ移動したい欲求は皆無に等しく、高速道路に特有の風景を堪能して気分転換を図るためです。

しかし軽トラということもあり、走行中に不安な思いをすることがあります。納車されてから10年近く経つので、加速が鈍いだけではなく時速90kmを超えると異音が聞こえてきます。いつもスピードを落として高速道路を走行しているせいで、物足りなさを感じることがしばしばです。

制限速度が時速80kmの区間なら、これを超えないスピードを維持するように心がけています。異音が気になるという理由だけではなくて、万が一にも軽トラで何かと衝突してしまうと私の命が危ういからです。

そもそも時速80kmで看板などに衝突すれば、運転手が無事で済まないことは想像に難くありません。しかしながら、制限速度が設けられているということは当該区間内を標識に従って走行してさえいれば事故を起こす確率が低くなると私は考えます。

私がよく利用している区間には2車線しかありません。制限速度の通りに走っていると、後続の車から煽られることが日常茶飯事です。免許を取得してから5年以上が経過しており私自身は優良ドライバーですが、それでも煽られると緊張してしまい集中力が散漫な状態になります。前方不注意が続いた結果として事故を起こしかけたこともあるので、制限速度を少しばかりオーバーして走行しようと考えたこともあります。しかしながら、違反によって優良ドライバーではなくなってしまうことや軽トラに負担をかけてしまうことが気になってしまい一歩を踏み出せません。

ミラー越しに後続の運転手の表情を見ると明らかに不満そうなので、交通違反していない私のほうが申し訳ない気持ちになってしまうことがあります。メンタルの弱さを改善して高速道路を快適に走行したいです。

↓無料の車査定はここから!

危うく大事故になりかねない一瞬だった

これは本日、自分の身に起きた一瞬どひゃっとした車を運転中の出来事です。

私は母親と親戚の家に行くのにアッシーをしていました。親戚の家により帰りは大型スーパーで買い物をしまして、そのスーパーから本通りに出ようとしていた時の事です。

私は右折して本通りに出たかったのですが、本通りの左車線にはゴミ収集車が止まっていました、対向車線には左側に車が停止してくれ、左からの車の走行は信号が赤だったので有りませんでした。私は対向車線の左側の車が止まってくれたので自分の車の頭を入れ右折しようかとハンドルを切りました。その瞬間対向車線の右側から猛スピードで走ってくる青い車がキーっと急ブレーキをかけます、あっやばいこれは自分の車のドアに当るなって思いながら目の前にあるゴミ収集車のギリギリにハンドルを切り何とか難を逃れました。

全て私が悪いのですが、その青い車の方の反射神経がとても優れていたので大惨事にならなかったのだと思います。
ほんとに一瞬の出来事に救われました。そして職場に帰り、仕事をして自宅に帰ろうとしたら小路から本通りに出るのにどこか躊躇する瞬間が何度かあり数時間前の恐怖が少しあるのだと思いました。

運転免許を取得してかれこれ30年経ちますが大きな事故はなくここまできていますので、これからは気を引き締めて運転しなければと思うと共に自分は事故は起さないと言う過信はいけないのだと身を持って体験した恐怖の1日でした。
ジムニー 買取