海外転勤をするにあたって父がGT-Rを手放してから

私の父は以前はスカイラインGT-Rに乗っていましたが、海外転勤することが決まって仕方なく車を手放しました。カラーは白でフォルムが美しく、何より乗り心地とエンジン音が好きだったのでお別れする時は寂しかったですね。今でも道で懐かしい音を聞いたと思って顔を上げると、案の定GT-Rだったなんてことがよくあります。

私に運転技能があればよかったのですが、初めて乗る車がGT-Rというのは敷居が高過ぎます。それ以前に女子大在学中に超最短の1週間コースで取った免許はAT限定だったので、そもそも運転する資格がありません。

ドライブスクールに通う前「マニュアル取れたらこれ(GT-R)もあげるよ」と冗談半分に言われましたが、全く自信がなかったので遠慮しておきました。車は持っているだけで維持費もかかるし、父も海外勤務が何年後まで続くかわからないので迷った挙句に売ってしまいました。海外転勤の話が出る1年前には、そろそろ最新のモデルに乗り換えようかなんて話も出ていたところです。

2016-08-24_1421502016-08-24_142209

それから5年以上が経ちますが、父が日本にいる期間は年間1ヶ月未満程度です。それなら車を売却するという選択は正しかったでしょう。

帰国して一緒にどこかに買物に行く時は、レンタカーを当日~3日程度借りて使うようにしています。結果的にこちらの方が安上がりですし、私も車でないと行けない場所に1人で行くことはありません。買い物となれば自転車で済む範囲内か、電車で遠出しますので今の日常生活に車は不要なのです。ただあったらあったで便利なので、これからもレンタカーは利用し続けると思います。
シエンタ 売りたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です